スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 院内のおはなし > 今年の干支と相撲

今年の干支と相撲

2016.02.03

こんにちは。

ラビット歯科春日部 院長の吉田です。

新年あけてもう1か月です。

今年は申年で、正月には赤い色の下着を身に着けると縁起がいいと話題にもなっていましたね。

日にちがたつのが早すぎると感じている今日この頃です。

先日、干支にちなんで患者さんから素敵なプレゼントをいただきました。

猿といえば、

ファイル_2016-02-02_20_26_23-02


『見ざる言わざる聞かざる』の『三猿』

ですね。

とってもかわいいですよね!

これを作ってれた方は、本を観ながら1週間ほどで作ってしまわれたそうです。

すごい。

早速、縁起物を家に飾らせてもらいました。

三猿の教訓をしっかりと守れるような一年にしていきたいと思います。

さて、相撲です。

大関琴奨菊が初優勝を飾り、大いに沸いた初場所でした。

しかし話題はそれだけではありません。

現・佐渡ヶ嶽親方の元・琴の若の息子さんである琴鎌谷が、序の口優勝を飾りました。

期待の2世力士誕生です。

実は私、彼がまだ小学校低学年の時に町で見かけたことがあります。

その時は、元・琴の若関と一緒だったので、関取の大きさにただ驚いていたのですが、

あの時の小さな少年が、今やお父さんと変わらない体格になっていると思うと、改めて月日のスピードを感じます。

父親譲りの恵まれた体格で、祖父の元横綱の琴桜のような将来を期待したいですね。

来場所も楽しみです!



ネット予約 初診 ネット予約 再診