1Day・セレック

HOME > 1Day・セレック

「型取り」「製作」「セット」が1日で完結!「1Day・セレック」

今まで、歯医者さんで詰め物・被せ物をするためには技工物を作るために、複数回の通院が必要でした。

そこで、治療したその日に詰め物・被せ物が作れる機械「セレック」を使った治療 「1Day(ワンデイ)・セレック」をご紹介いたします。

「1Dayセレックって何?」

虫歯の治療が1Day=1日で完結出来る技術です。

「え?そんなの無理なんじゃない?」

いいえ、出来るんです!

そこで、「1Dayセレック」の特徴と仕組みをご説明いたします。

「1Dayセレック」の特徴と仕組み

1.型取りは「粘土」でなく「3Dスキャナー」なので、ラク!早い!正確!

セレックでの型取りは、従来の粘土による型取りではなく、3Dスキャナーを使って行います。

粘土だと固まるまで約5分間口を開けっ放しにしなければならない上に、奥歯の場合だと気持ち悪くなってしまう事もあります。

しかし、セレックのスティック状のスキャナーなら、お口のデータを1分という短時間で、しかも正確に撮ることが出来ます。

参考:デンツプライシロナ社 セレック紹介ページ

2.歯の色をした材料を「ミリングマシン」で削って詰め物・被せ物を作る

スキャンしたデータをもとに詰め物・被せ物を設計したら、データに合わせてブロックを削り出しします。

歯の色をしたブロックを直接削るため、銀歯ではなく「白い歯」が実現できます。

※動画では被せ物(小さい技工物)を削っています。

3.体にやさしい材料「セラミック」

セレックではセラミックのブロックを削ることができます。

セラミックを使う事でよくなるのは、お口に調和した見た目だけではありません。

●セラミックの硬さは天然の歯と同じくらいなので、噛み心地がとても自然です。 残った歯に対してやさしい材料です。

●金属イオンが溶け出す事による、歯垢の付着が防げます。

●金属に対してアレルギーをお持ちの方にも安心してお使いいただけます。

色々な面でも体にやさしい材料です。

4.常勤歯科技工士による最終調整、研磨

春日部ラビット歯科には歯科技工士が常勤しております。

完成したセレックの詰め物・被せ物は、患者様のお口の中で歯科医師が微調整した後、院内の歯科技工室で歯科技工士が研磨します。

口の中の違和感を最小限にするため、顕微鏡で細かな傷まできれいに仕上げます。

院内併設の歯科技工室があるので、1日での虫歯治療が可能になったのです。

「1Day・セレック」の流れ

1.スキャン

最初に患者様の歯の色に適合したブロックを決定します。

その後、虫歯の部分を削ったら、3Dスキャナーでスキャンします。

2.設計

スキャンしたデータをもとに詰め物・被せ物の設計をします。

患者様の残った歯の形をもとに、コンピューター上で歯科技工士が、患者様の歯と比べて違和感のない形態に設計します。

3.製作

「ミリングマシン」という、セラミックブロックを削る機械で、設計したデータに削り出します。

機械による製作後、歯科技工士の手作業で微調整、最終研磨を行います。

どのように調整するか?歯科技工士の役割は、「歯科技工士 鈴木 俊男」のインタビューをぜひご覧ください。

4.セット

比較表

「1Day・セレック」と「従来の詰め物・被せ物」の比較をしてみました。

従来の詰め物・被せ物 1Day・セレック
治療に要する日にち 2日以上 1日
歯と詰め物の密着性 (銀歯だと)
あとで隙間ができやすい
しっかりくっつく
虫歯再発リスク なりやすい なりにくい
かたどり方法・かかる時間 粘土状のもの・10分くらい 棒状のスキャナーで・1~2分

まとめ:治療で何回も歯医者さんに行かない!

「何でこんなに何回も歯医者に行かなきゃならないんだろう」 そう思いながら歯医者さんで治療されている患者さんがいる事、承知しておりました。

今までの、型に石膏を流し入れ、できた模型上で被せ物・詰め物を作るという手作業を行いますと、どうしてもお時間を頂戴しなければなりませんでした。

セレックという機械がある事で、患者様の負担を軽減できる 「型取り」「製作」「セット」までの1日(1Day)治療が、可能になりました。 ご来院されました際は、スタッフにお申し付けください。

ネット予約 初診 ネット予約 再診